HOME > 会社案内 > 沿革

沿革

沿革

昭和10年
(1935年)
佐藤春雄(創業者)が東京市神田区の今川小路、現在の神田神保町で映文社を開業。謄写印刷による映画台本、英和対訳台本などを主要業務とする。
昭和32年
(1957年)
個人企業から会社組織に改め、有限会社映文社とする。このころより、和文タイプライター、杖葉印刷機等を導入し、生産体制の近代化を図る。
昭和49年
(1974年)
社名および組織を改め、映文社印刷株式会社とする。このころより菊全判印刷機の導入を進め、生産性向上を図る。
昭和53年
(1978年)
電子組版システムを設置、あわせてパソコン、日本語ワープロ等を導入し、製版電子化を図る。
平成元年
(1989年)
両国工場を開設、業務拡大を図る。
平成4年
(1992年)
創業社長死去に伴い、前社長・佐藤雄平が業務を継承する。
平成9年
(1997年)
DTPシステムを導入、完全自動化を図る
平成14年
(2002年)
本社業務拡大のため、千代田区猿楽町に本社ビルを購入し移転する。
平成18年
(2006年)
本社にMac、両国工場にCTPシステムを導入し、刷版のデジタル化を図る。
平成24年
(2012年)
佐藤雄平死去に伴い、多田隆が社長となる。
平成25年
(2013年)
さらなる業務拡大のため両国工場を取得する。
平成29年
(2017年)
さらなる発展、お客様サービス、チーム戦力向上によるグループシナジーを発揮する為、三松堂ホールディングス株式会社と資本提携をする。
それに伴い、佐藤 恵が社長となる。

contactArea_img02.pngcontactArea_img03.png

 

ページトップへ戻る